【イーピーエス】インターン~本選考までの流れを解説

スポンサーリンク
スポンサーリンク

本記事では、イーピーエスの冬インターンシップ2回参加して、体験したことをレビューしていきます。

理系学部で製薬業界を目指している人には、CRO業界も見ておこうと思う方も多いのではないでしょうか?

EPSのインターンシップに参加すると、早期選考ルートに乗ることが出来ます!その目的もあって、私はインターンシップに参加しました。

是非、参考にしてみてください。

スポンサーリンク

 

活用すべき就活サイト

エントリーシート・面接を効率的に対策するなら,以下の2サイトがおすすめです。

ONE CAREER・・・ベンチャーから大手まで,約60,000件の書類選考通過ESが読み放題。さらに,面接で聞かれる質問も掲載。
Unistyle・・・44,529枚のESと選考体験記が読み放題。インターン体験記も掲載。

こちらのURLから登録するだけで,就活生の方は500円分のAmazonギフト券がもらえるキャンペーン中です。

企業から特別選考のスカウトを以下の2サイトがおすすめです。

OfferBox・・・利用学生数 21.1万人以上|就活生の3人に1人が登録(※2020年9月現在)
キミスカ・・・業界最高レベルの適性検査も搭載。

スポンサーリンク

インターンシップの流れ

私は冬以降に複数回インターンシップに参加しました。

  • 11月中旬:仕事理解イベント(1回目)
  • 12月中旬:先輩社員交流イベント(2回目)

2回目に参加した後に会社説明会とエントリーシートの案内が届きます。

インターンシップの感想

選考スケジュール

  • エントリーシート、webテスト〆切:10月末
  • 書類選考結果    :11月中旬
  • インターン参加日  :11月中旬、12月中旬

8月頃から、マイナビやリクナビでのエントリーがスタートすると思います。チェックしておきましょう。

エントリーシート内容

  • あなたの強みを教えてください。 750字
  • インターンへの意気込みを教えてください。 750字

他CRO企業に比べて一つ一つの設問が長いですが、頑張って書き上げてエントリーしましょう!
正直、インターンの選考段階では、しっかりと書くことが出来るのかぐらいしか見られていないと思います。

というのも、インターン参加者本当に多かったためです。

仕事理解イベントの感想

EPS株式会社の新卒で募集している職種について、仕事内容や臨床開発における役割を学ぶことが出来ました。
以下の4つの職種について説明がありました。

  • 臨床開発モニター(CRA)
  • データマネジメント(DM)
  • 統計解析(SA)
  • 安全性情報(PV)

1日ですべての職種を順番に説明していくというもので、正直興味がない職種についても聞く必要があるため、時間的なコスパが悪いという感想です。

面白かったのは、質問をスマホで行うというものです。

スマホで質問を入力すると、前の画面に表示されて、人事や社員さんが順番に質問に答えるといったスタイルでした。自分では気づけない質問をしてくれる人がいる点、気軽に質問できる点はメリットであると感じました。

一方で、会場にいる就活生が一気に質問を入力するため、自分の質問が埋もれてしまうという点はデメリットだなと思いました。

既に他社のインターンシップなどに参加していて、職種について理解がある人はこのインターンに参加する必要はないと思います。

何度も書きますが、EPSのインターン参加しても、会社説明会の早期予約の権利しかもらえないため、時間的なコスパを考えると、参加するかどうかはよく考えたほうがいいと思います!

実施内容

  • 実施時間:5時間
  • 実施場所:東京で参加しました
  • 実施内容:職種説明

先輩交流イベントの感想

午前:グループワーク
昼 :社員さんと一緒にお昼を食べながら座談会
午後:会社概要など

午前中に行ったグループワークは、EPSではなく別の会社が考えたプログラムに沿って行いました。ゲーム自体は面白かったのですが、グループワークしただけでした。

そのため、他者と比較もしていなく、フィードバックも受けましたが当たり障りのない内容で、正直グループワークの意味を見出せなかったワークでした。

一緒に参加した友人も同じ感想を抱いていたため、たぶんそういう感想を持つ人が多いのかなと思います。

ランチ時座談会はよかったです。EPSで働いている社員さん像というのがはっきりと見えたためです。同じCRO業界の他の会社と比較しても、全く社員さんの印象が異なっていて、おもしろかったです。

実施内容

  • 実施時間:5時間(昼休憩挟む)
  • 実施場所:東京で参加しました
  • 実施内容:職種説明

イーピーエス(EPS)のインターンシップ

インターンシップに参加した特典としては、説明会に優先的に申し込める程度でした。私は、インターンシップに参加して、自分に合わないと思い、説明会以降参加しておりません。そのため、本選考についてはコメントはできないです…

ここで就活生におすすめの就活サービスをご紹介します!

エントリーシート作成&面接対策に役立つサイト

おすすめ度特徴
ONE CAREER★★★★★約60,000件通過ES読み放題,完全無料登録はこちら(公式サイト)
Unistyle★★★★☆44,529枚ESと選考体験記読み放題,完全無料登録はこちら(公式サイト)

ONE CAREERには,ベンチャーから大手まで,幅広いデータがあります。通過ESを参考にして,効率的にESを仕上げるために利用するのがおすすめ!

Unistyleには,ESだけでなく選考体験記やインターン体験記の記事が充実していました。インターンに参加するか迷う時や,面接の質問対策での利用がおすすめ!

※現在,本サイトから登録すると500円分のAmazonギフト券がもらえるキャンペーン中です。

②オファー型スカウトサービス

おすすめ度特徴
OfferBox★★★★★登録企業数は6790社以上
・2021年卒の登録学生数は138,000人
・全国の就活生の1/3が利用中
登録はこちら(公式サイト)
LabBase★★★★★理系特化型の逆求人スカウトサービス
※現在,本サイトから登録すると500円分のAmazonギフト券が
もらえるキャンペーン中です。
登録はこちら(公式サイト)

OfferBoxに登録することで,私は大手企業の早期内定を獲得しました。経済産業省、資生堂、マイクロソフト、朝日新聞、LINEのような大手の企業・官公庁も利用しているので,通常選考と合わせて利用するのがおすすめです!

LabBaseでは,プロフィールに記載した「頑張ってきた研究内容」を採用担当者が見てスカウトを送ります。理系院生の就活生なら,必須の就活サービスです!

③自己分析ができるサービス

おすすめ度特徴
キャリアパーク就活★★★★★自己分析ツール「My analytics
・就活生の4分の1が登録!
登録はこちら(公式サイト)
キミスカ★★★★★・オファー型スカウトサービスの一つ
・業界最高レベルの適性検査
登録はこちら(公式サイト)

キャリアパーク就活では,自己分析、面接、ES、SPIなどの様々な資料を無料で配布しているサービスです。特に,自己分析を効率よく済ませたい方におすすめです!

キミスカはオファー型サイトで,私は30社以上の企業からオファーを頂きました。特に,サイト内の適性検査の精度が高く,ストレス耐性や仕事適性などを評価し,自己分析の助けになり,おすすめです!

スポンサーリンク
CRO業界
\ この記事をシェアする /
スポンサーリンク
情報のアンテナ
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました