就活を有利に進めるために本当におすすめしたい逆求人サイト3選

スポンサーリンク
スポンサーリンク

題名にある通り、私は逆求人サイトをうまく使って就活を終えることが出来ました。実際には、大手化学メーカーの研究職で働いています。

就活生の皆さんは、就活を始めると様々なサイトに出会うと思います。また、よくわからずにいくつかのサイトに登録してしまうのではないでしょうか。

私は、結構な数のサイトに登録しました。

しかし、実際には就活をした人にしか、本当にいい(意味のある)就活サイトは分からないです。

本記事では、私が経験したからこそ、本当におすすめしたい逆求人サイトをまとめました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

Offer Box

サイト名:OfferBox

公式サイト:http://offerbox.jp/

オファーの数が多く、一部上場企業が多い。

大手、外資からベンチャーまで、5,020社を超える優良企業が登録

しっかりと企業がプロフィールを見てからオファーしてくれる
企業はOffer Boxを通してオファーできる上限が決まっているため、一人一人を厳選している

 

しょーじ
しょーじ

私も2社の大手企業からオファーを頂きました。2社とも説明会の交通費を全額補助してくださり、学生のことを大切にする印象をもちました。

登録はこちら

LabBase

サイト名:LabBase

公式サイト:https://labbase.jp/

オファーが来るのは大手企業ばかりで、どの企業がLabBaseを利用しているのか見ることができる

掲載されている記事として、理系出身でメーカー勤務の人の記事が掲載されていて、参考になると思います。オファー数が少ない点が少し残念な点だと思います。

下記登録ボタンから入り、招待コード「HRQNk8kn」を入力することで、Amazonカード3,000円分が手に入ります。少しでも就活の足しにしてください。

 

しょーじ
しょーじ

特に理系院生に特化しています。

大手化学メーカーの住友化学や富士フィルムなども利用していて、インターンなどのオファーも受けることが出来ます。

登録はこちら

 

キミスカ

サイト名:キミスカ

公式サイト:https://kimisuka.com/

プロフィールを記入しておけば、興味を持った企業からそこそこオファーが来ます。

私はキミスカを使った理由として、スカウト以外に自己分析ができるためです。キミスカの適性検査を受けると以下のような精度高いフィードバックを受けることが出来ます。

 

しょーじ
しょーじ

私はプロフィールを早めに登録して70企業からスカウトをもらいました。中には大手化粧品の求人もあり、充実していると思います。

登録はこちら

まとめ

今回は、私自身が利用して本当に価値があった逆求人サイトをまとめました。ぜひ利用してみてください。

サイトを利用して早い段階から内々定があると、気持ち的にも余裕が生まれると思います。

就活サイトをうまく利用して、効率的に就活を進めましょう!

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました