【2020年自動車業界】自動車メーカーの売上高・年収ランキングを徹底分析

スポンサーリンク
スポンサーリンク

一般的に自動車業界とは、自動車やバイク、バスやトラックなどを含めた完成車を扱う自動車メーカー、部品や素材メーカー、販売会社などを指す。車には何万点もの部品が使われ、ブランド別の販売網などがあり、かかわる企業は広範でその数も関連会社や子会社、孫会社など非常に多い。

関連就業人口が日本全体の約1割を占めると言われているのが自動車業界です。
自動車業界は、自動車やバイク、トラック、バス等を含めて自動車メーカーのほかに、部品や素材メーカー、販売会社なども存在します。
自動車メーカーは世界的に有名な企業が数多く存在し、就職活動を行う学生からも人気があります。

しかし、2020年ではコロナが蔓延したこともあり、必然的に自動車メーカーの連結業績は、大幅に悪化しています。‌
100年前に自動車の量産化に成功して以来の大変革期、すなわち、「100年に一度の変革期」を迎えていると言われており、今後の先行きは不透明です。

そこで、本記事で作成した、2020年最新の日本国内の自動車業界の各会社の売上高・営業利益・経常利益・年収のランキングなどの情報が役に立てれば幸いです。

スポンサーリンク

 

活用すべき就活サイト

エントリーシート・面接を効率的に対策するなら,以下の2サイトがおすすめです。

ONE CAREER・・・ベンチャーから大手まで,約60,000件の書類選考通過ESが読み放題。さらに,面接で聞かれる質問も掲載。
Unistyle・・・44,529枚のESと選考体験記が読み放題。インターン体験記も掲載。

こちらのURLから登録するだけで,就活生の方は500円分のAmazonギフト券がもらえるキャンペーン中です。

企業から特別選考のスカウトを以下の2サイトがおすすめです。

OfferBox・・・利用学生数 21.1万人以上|就活生の3人に1人が登録(※2020年9月現在)
キミスカ・・・業界最高レベルの適性検査も搭載。

スポンサーリンク

【2020年】自動車業界|売上高・営業利益ランキング

自動車業界|売上高ランキング

まず、縦軸に売上高をとり、横軸に売上高が高い順に各企業を並べました。

自動車業界の売上高Top20をまとめると、以下の通りとなります。

左から順に、順位・企業名・売上高・営業利益・営業利益率を表しています。
営業利益率は、営業利益÷売上高×100を計算し、売上高に対する営業利益の割合を算出しました。

順位企業名売上高
(百万円)
営業利益
(百万円)
営業利益率
(%)
1トヨタ自動車29,929,9922,442,8698.2
2ホンダ14,931,009633,6374.2
3日産自動車11,574,247318,2242.7
4デンソー5,153,47661,0781.2
5アイシン精機3,784,58556,1291.5
6スズキ3,871,496324,3658.4
7マツダ3,430,28543,6031.3
8SUBARU3,344,109210,3196.3
9三菱自動車2,270,27612,7880.6
10豊田自動織機2,171,355128,2335.9
11いすゞ自動車2,149,168176,7818.2
12日野自動車1,815,59754,8593.0
13ヤマハ発動機1,664,764115,3646.9
14川崎重工業1,641,33562,0633.8
15トヨタ紡織1,372,61647,7853.5
16豊田合成812,93717,8882.2
17NOK626,81512,0281.9
18三井E&Sホールディングス786,477-62,079-7.9
19日産車体498,8319,3031.9
20東海理化500,00222,5974.5
出典:日経会社DIGITAL

売上規模がもっとも高い売上高のトップは、トヨタ自動車で、売上高は29,929,992(百万円)でした。次点にホンダの14,931,009(百万円)、日産自動車の11,574,247(百万円)、デンソーの5,153,476(百万円)、スズキの3,871,496(百万円)でした。

上の表のスズキとアイシン精機の順位が逆になっているのでご注意下さい。申し訳ございません。

営業利益がもっともある営業利益高のトップは、トヨタ自動車で、2,442,869(百万円)でした。次点に、ホンダの633,637(百万円)、スズキの324,365(百万円)、日産自動車の318,224(百万円)、SUBARUの210,319(百万円)でした。

営業利益高でみると自動車業界においてより営業利益高を上げているのは大手のだれでも知っているような有名自動車メーカーであることが伺えます。

自動車業界|売上高と営業利益・営業利益率の比較

縦軸に営業利益率を、横軸に売上高をプロットした図となります。上のプロットほど売上高に対する営業利益が高いため、効率よく利益を出していると考えられます。

自動車業界の各社の営業利益率は2%~8%に収まっています。平均すると約4%弱でした。
他業界に比べて営業利益率が特段に高いわけでも低いわけでもないのが特徴であると考えられます。

営業利益率が8%を超えているのは、トヨタ自動車、いすゞ自動車、スズキの3社のみでした。
トヨタ自動車の売上高もさることながら、営業利益率も自動車業界でトップクラスであるのは、魅力的な企業であると思います。

スポンサーリンク

自動車業界|年収ランキング【2020年】

自動車業界の平均年収について、以下の表でランキング形式で紹介します。
左から順に平均年収・平均年齢・初任給を表しています。

平均年収については、部署の違いや年次が上がるにつれて個人差が大きくなる傾向にあるので、参考程度にとらえてください。

売上高
の順位
企業名平均年収(円)平均年齢(歳)初任給(円)
1トヨタ自動車8,515,525 39.4 
2ホンダ8,198,000 45.6 217,400 
3日産自動車8,154,953 41.8223,000 
4デンソー8,168,127 43.3208,000 
5アイシン精機7,495,000 39.2208,000 
6スズキ6,814,081 40 211,500
7マツダ6,769,000 41.1 210,000 
8SUBARU6,524,476 38.4209,900 
9三菱自動車7,421,00041.3 210,400
10豊田自動織機8,139,24540.3208,000
11いすゞ自動車7,663,00041.2213,600
12日野自動車6,670,00037.3211,140
13ヤマハ発動機7,456,22442.9213,000
14川崎重工業7,077,50038.7215,000
15トヨタ紡織7,112,345 39.3 208,000 
16豊田合成6,648,636 42.3208,000 
17NOK7,205,768 39.9 215,500 
18三井E&Sホールディングス6,473,696 46.7 212,000 
19日産車体5,912,000 42.1 208,000 
20東海理化6,408,667 41 207,000 
出典:日経会社DIGITAL

上の表から分かるように、自動車業界の平均年収は業界全体として高い傾向にあることが伺えます。
特に、売上高順位が4位以上である、トヨタ自動車、ホンダ、日産自動車、デンソーの平均年収が8,000,000円を超えており魅力的に感じます。

業界によっては平均年収が高い場合、平均年齢が高いことがあります。
しかし、自動車業界の平均年齢が特に高いというわけではないようです。したがって、自動車業界の平均年収が高いことは確実視してよいと考えられます。

自動車業界|大手5社の基本データ

  1. トヨタ自動車
  2. ホンダ
  3. 日産自動車
  4. デンソー
  5. アイシン精機

ここからは、各社の会社概要や直近数年の売上高・営業利益の推移をお伝えします。就活中・転職中の業界研究として活用してください。

①トヨタ自動車

トヨタ自動車の最新の企業報告書を参考にして作成した基本データが以下となります。

社名トヨタ自動車株式会社
TOYOTA MOTOR CORPORATION
所在地愛知県豊田市トヨタ町1番地
設立1937年(昭和12年)8月28日
社員数370,870人(2019年3月末現在)
事業内容自動車の生産・販売

トヨタ自動車の過去5年の売上高の推移ならびに営業利益の推移が以下となります。

②ホンダ

ホンダの最新の企業報告書を参考にして作成した基本データが以下となります。

社名本田技研工業株式会社
所在地東京都港区南青山2-1-1
設立1948年(昭和23年)9月
社員数単独:22,675名
連結:219,722名
事業内容二輪車、四輪車、パワープロダクツ

ホンダの過去5年の売上高の推移ならびに営業利益の推移が以下となります。

③日産自動車

日産自動車の最新の企業報告書を参考にして作成した基本データが以下となります。

社名日産自動車株式会社
Nissan Motor Co., Ltd.
所在地神奈川県横浜市西区高島一丁目1番1号
設立1933(昭和8)年12月26日
社員数22,791名(単独)
138,893名(連結)
事業内容自動車の製造、販売および関連事業

日産自動車の過去5年の売上高の推移ならびに営業利益の推移が以下となります。

④デンソー

デンソーの最新の企業報告書を参考にして作成した基本データが以下となります。

社名株式会社デンソー  
所在地愛知県刈谷市昭和町1-1
設立1949年12月16日
社員数連結 170,932人
単独 45,280人
事業内容自動車関連分野、生活関連機器分野、産業機器分野、その他事業分野

デンソーの過去5年の売上高の推移ならびに営業利益の推移が以下となります。

⑤アイシン精機

アイシン精機の最新の企業報告書を参考にして作成した基本データが以下となります。

社名アイシン精機株式会社
Aisin Seiki Co., Ltd.
所在地愛知県刈谷市朝日町二丁目1番地
設立1965年8月31日
社員数連結119,732人/単独14,439人
(2019年3月31日現在)
事業内容自動車部品(パワートレイン、走行安全、車体、情報電子)、
エネルギー・住生活関連製品などの製造・販売

アイシン精機の過去5年の売上高の推移ならびに営業利益の推移が以下となります。

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました