【2020年電機業界】電機メーカーの売上高・年収ランキングを徹底分析

スポンサーリンク
スポンサーリンク

電機業界は、日本の経済を支えてきた産業の一つであり、日本の「モノづくり」を体現する製品を生み出し、世界に評価されてきた製品が数多く存在する業界です。
日本の業界を支えてきましたが、最近はlotやニーズの多様化に対応すべく変化にさらされている業界です。

電機業界にはBtoBやBtoCの事業を行っている企業があり、それらの企業がどのような売上規模なのかを知るのは大切です。

本記事で作成した、2020年最新の日本国内の電機業界の各会社の売上高・営業利益・経常利益・年収のランキングなどの情報が役に立てれば幸いです。

スポンサーリンク

 

活用すべき就活サイト

エントリーシート・面接を効率的に対策するなら,以下の2サイトがおすすめです。

ONE CAREER・・・ベンチャーから大手まで,約60,000件の書類選考通過ESが読み放題。さらに,面接で聞かれる質問も掲載。
Unistyle・・・44,529枚のESと選考体験記が読み放題。インターン体験記も掲載。

こちらのURLから登録するだけで,就活生の方は500円分のAmazonギフト券がもらえるキャンペーン中です。

企業から特別選考のスカウトを以下の2サイトがおすすめです。

OfferBox・・・利用学生数 21.1万人以上|就活生の3人に1人が登録(※2020年9月現在)
キミスカ・・・業界最高レベルの適性検査も搭載。

スポンサーリンク

【2020年】電機業界|売上高・営業利益ランキング

電機業界|売上高ランキング

まず、縦軸に売上高をとり、横軸に売上高が高い順に各企業を並べました。

電機業界の売上高Top20をまとめると、以下の通りとなります。

左から順に、順位・企業名・売上高・営業利益・営業利益率を表しています。
営業利益率は、営業利益÷売上高×100を計算し、売上高に対する営業利益の割合を算出しました。

順位企業名売上高
(百万円)
営業利益
(百万円)
営業利益率
(%)
1日立製作所9,480,619754,9768.0
2ソニー8,259,885845,45910.2
3パナソニック7,490,601293,7513.9
4三菱電機4,462,509259,6615.8
5富士通3,857,797211,4835.5
6キヤノン3,593,299174,6674.9
7東芝3,693,53935,4471.0
8NEC3,095,234127,6094.1
9シャープ2,271,24852,7732.3
10リコー2,008,58079,0403.9
11京セラ1,599,053100,1936.3
12村田製作所1,534,045253,24716.5
13日本電産1,534,800110,3267.2
14TDK1,363,03797,8707.2
15東京エレクトロン1,127,286237,29221.0
16セイコーエプソン1,043,60039,4793.8
17コニカミノルタ1,059,12062,4445.9
18富士電機914,91559,9726.6
19ミネベアミツミ978,44558,6476.0
20オムロン677,98054,7608.1
出典:日経会社DIGITAL

売上規模がもっとも高い売上高のトップは、日立製作所で、売上高は9,480,619(百万円)でした。次点にソニーの8,259,885(百万円)、パナソニックの7,490,601(百万円)、三菱電機の4,462,509(百万円)、富士通の3,857,797(百万円)でした。

電機業界では、日立製作所、ソニー、パナソニックのの売上規模が特に抜きん出ていることが伺えます。

営業規模がもっとも高い営業利益高のトップは、ソニーで、845,459(百万円)でした。次点に、日立製作所の754,976(百万円)、パナソニックの293,751(百万円)でした。
営業利益については、特に、村田製作所東京エレクトロンが売上規模に比べて非常に高い利益を上げているのが特徴的です。

電機業界|売上高と営業利益・営業利益率の比較

縦軸に営業利益率を、横軸に売上高をプロットした図となります。上のプロットほど売上高に対する営業利益が高いため、効率よく利益を出していると考えられます。

電機業界の営業利益率は5%以上である企業が多く、他業界に比べて営業利益率が高いことが伺えます。
売上高上位群では、ソニーの営業利益率が10.2%であり、日立製作所とパナソニックと比べて高いのが特徴です。
売上高中位群では、村田製作所の営業利益率が16.5%であり、東京エレクトロンの営業利益率が21.0%であり、両企業とも売上高中位群の中では特に高い売上高を誇っています。

スポンサーリンク

電機業界|年収ランキング【2020年】

電機業界の平均年収について、以下の表でランキング形式で紹介します。
左から順に平均年収・平均年齢・初任給を表しています。

平均年収については、部署の違いや年次が上がるにつれて個人差が大きくなる傾向にあるので、参考程度にとらえてください。

売上高
の順位
企業名平均年収(円)平均年齢(歳)初任給(円)
1日立製作所8,943,24442.1215,500
2ソニー10,509,690 42.4250,000
3パナソニック7,744,759 45.6 215,500 
4三菱電機8,169,23240.4 215,500 
5富士通7,985,114 43.2 225,000
6キヤノン7,606,02644.2226,000 
7東芝9,150,89545 215,500 
8NEC7,989,274 43.4215,500 
9シャープ7,592,000 44.6 221,500 
10リコー8,181,044 44.6 222,900 
11京セラ7,231,082 41.7 216,500 
12村田製作所7,431,000 40215,500
13日本電産6,609,33539212,500
14TDK7,944,81543.8215,500
15東京エレクトロン12,720,45244.3274,300
16セイコーエプソン7,716,00043.6218,500
17コニカミノルタ7,503,84345.4
18富士電機7,652,31144.9215,500
19ミネベアミツミ7,258,00044.2221,000
20オムロン8,216,00044.2215,000
出典:日経会社DIGITAL

上の表から分かるように、電機業界の平均年収は業界全体として高い傾向にあることが伺えます。
ソニー、東京エレクトロンの平均年収は10,000,000円を超えており魅力的ですね。

ソニーは有名な企業ですが、東京エレクトロンはご存じでしょうか。
東京エレクトロンは、半導体製造装置やフラットパネルディスプレイ製造装置の研究・開発~販売まで手掛けており、この分野では国内首位かつ世界で3位となっています。

次に、日立製作所、三菱電機、東芝、リコー、オムロンは平均年収が8,000,000円を超えている企業となります。

電機業界は上に挙げた企業においては平均年収が7,000,000円を超えている企業が多く魅力的な業界であることが伺えます。
また、業界によっては平均年収が高い場合、平均年齢が高いことがありますが、電機業界の平均年齢が特に高いというわけではないようです。

電機業界|大手5社の基本データ

電機業界においてTOP5に位置するのは、以下の5社です。

  1. 日立製作所
  2. ソニー
  3. パナソニック
  4. 三菱電機
  5. 富士通

ここからは、各社の会社概要や直近数年の売上高・営業利益の推移をお伝えします。就活中・転職中の業界研究として活用してください。

①日立製作所

日立製作所の最新の企業報告書を参考にして作成した基本データが以下となります。

社名株式会社 日立製作所 
Hitachi, Ltd.
所在地東京都千代田区丸の内一丁目6番6号
設立大正9年(1920年)2月1日 [創業 明治43年(1910年)]
社員数33,490名(2019年3月末日現在)
事業内容・金融ビジネス、社会ビジネス、サービス&プラットフォームビジネス、ディフェンスビジネス
・鉄道ビジネス
・ヘルスケアビジネス
・産業・流通ビジネス、水・環境ビジネス
・原子力ビジネス、エネルギービジネス

日立製作所の過去5年の売上高の推移ならびに営業利益の推移が以下となります。

②ソニー

ソニーの最新の企業報告書を参考にして作成した基本データが以下となります。

社名ソニー株式会社
Sony Corporation
所在地東京都港区港南1-7-1
設立1946年(昭和21年)5月7日
社員数111,700名(2020年3月31日付)
事業内容ゲーム&ネットワークサービス、音楽、映画、
エレクトロニクス・プロダクツ&ソリューション
(モバイル・コミュニケーション/イメージング・プロダクツ&ソリューション/ホームエンタテインメント&サウンド)、
イメージング&センシング・ソリューション、金融及びその他の事業

ソニーの過去5年の売上高の推移ならびに営業利益の推移が以下となります。

③パナソニック

パナソニックの最新の企業報告書を参考にして作成した基本データが以下となります。

社名パナソニック株式会社
Panasonic Corporation
所在地大阪府門真市大字門真1006番地
設立1935年(昭和10年)12月15日
社員数259,385名
事業内容部品から家庭用電子機器、電化製品、FA機器、
情報通信機器、および住宅関連機器等に至るまでの生産、販売、
サービスを行う総合エレクトロニクスメーカー

パナソニックの過去5年の売上高の推移ならびに営業利益の推移が以下となります。

④三菱電機

三菱電機の最新の企業報告書を参考にして作成した基本データが以下となります。

社名三菱電機株式会社
所在地東京都千代田区丸の内2-7-3 東京ビル
設立1921年1月15日
社員数146,518名
事業内容重電システム、産業メカトロニクス、情報通信システム、
電子デバイス、家庭電器、その他

三菱電機の過去5年の売上高の推移ならびに営業利益の推移が以下となります。

⑤富士通

富士通の最新の企業報告書を参考にして作成した基本データが以下となります。

社名富士通株式会社
FUJITSU LIMITED
所在地神奈川県川崎市中原区上小田中4-1-1
設立1935年6月20日
社員数129,609名(2020年3月31日現在)
事業内容テクノロジーソリューション
ユビキタスソリューション
デバイスソリューション

富士通の過去5年の売上高の推移ならびに営業利益の推移が以下となります。

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました