海運業界の売上高・年収ランキングを徹底分析【2020年最新版】

スポンサーリンク
スポンサーリンク

海運業界は物流事業の中でも、特殊な業界であると言われています。
周りが海に囲まれた日本において、海運業界の会社は、外国と貿易したり世界で活躍できるため、その業務のグローバルな様子が就活生に人気です。

あらゆる業界の中でも人気のある海運業界ですが、船・貿易などについては分かっているものの、業界にどのような企業があり、それぞれの企業がどのような立ち位置にあるのか詳しくないかもしれません。

そこで、本記事で作成した、2020年最新の国内の海運業界の各会社の売上高・営業利益・経常利益・年収のランキングなどの情報が役に立てれば幸いです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

【2020年】海運業界|売上高・営業利益ランキング

海運業界|売上高ランキング【2020年】

まず、縦軸に売上高をとり、横軸に売上高が高い順に各企業を並べました。

海運業界の売上高Top12をまとめると、以下の通りとなります。

左から順に、順位・企業名・売上高・営業利益・営業利益率を表しています。
営業利益率は、営業利益÷売上高×100を計算し、売上高に対する営業利益の割合を算出しました。

順位企業名売上高(百万円)営業利益(百万円)営業利益率(%)
1日本郵船1,829,30011,0850.61
2商船三井1,155,40423,7792.06
3川崎汽船735,2846,8400.93
4NSユナイテッド海運148,4157,0404.74
5飯野海運89,1793,9764.46
6栗林商船45,9914370.95
7川崎近海汽船44,3371,9134.31
8明治海運43,8815,44412.41
9乾汽船21,787-884-4.06
10共栄タンカー12,5051,55612.44
11東海汽船11,114-73-0.66
12玉井商船5,4883045.54

売上規模がもっとも高い売上高のトップは、日本郵船で、売上高は1,829,300(百万円)でした。
次点に商船三井の1,155,404(百万円)、川崎汽船の735,284(百万円)、NSユナイテッド海運の148,415(百万円)、飯野海運の89,179(百万円)でした。

営業利益のトップは、売上高ランキング2位の商船三井で、次点に日本郵船が続きました。
営業利益3位以下の企業ではいずれも営業利益高が10,000(百万円)を下回っており、TOP2の営業利益が他の企業に比べて特に高いのが分かります。

売上高が9位である乾汽船と、11位である東海汽船の営業利益はマイナスでした。

海運業界|売上高と営業利益・営業利益率の比較

縦軸に営業利益率を、横軸に売上高をプロットした図となります。上のプロットほど売上高に対する営業利益が高いため、効率よく利益を出していると考えられます。

海運業界の営業利益率の平均は約3.7%といわれています。
仕上がって、売上高ランキングにおけるTOP3である日本郵船・商船三井・川崎汽船はいずれも業界の営業利益率の平均を下回っていることになります。

一方で、売上高こそ相対的に低いものの、共栄タンカーや明治海運の営業利益率が業界のトップクラスであることが分かります。
また、営業利益がマイナスであった乾汽船と東海汽船の営業利益率は当たり前ですがマイナスを示しています。

スポンサーリンク

海運業界|年収ランキング【2020年】

海運業界の平均年収について、以下の表でランキング形式で紹介します。
左から順に平均年収・平均年齢・初任給を表しています。

平均年収については、部署の違いや年次が上がるにつれて個人差が大きくなる傾向にあるので、参考程度にとらえてください。

順位企業名平均年収(円)平均年齢(歳)初任給(円)
1日本郵船9,580,798 39.6 214,800 
2商船三井9,770,65039 220,000 
3川崎汽船8,317,460 38.2 214,300 
4NSユナイテッド海運8,788,95039.5 216,300
5飯野海運9,370,000 37.3 223,820 
6栗林商船6,990,000 41.6 207,800 
7川崎近海汽船7,379,260 40.3 211,000 
8明治海運6,821,000 39.3 202,000 
9乾汽船8,314,00040.7213,000
10共栄タンカー9,577,05741.8 
11東海汽船8,072,615 41
12玉井商船6,640,00040.2

海運業界の平均年収はどの企業においても非常に高い水準であることが分かります。
特に、日本郵船、商船三井、飯野海運、共栄タンカーでは平均年収が900万を上回っており魅力的な年収です。

海運業界において低くても平均年収は玉井商船の600万ですので、海運業界では業界全体として高収入であることが期待できることが伺えます。

平均年齢については、いずれの企業も40歳前後なので高くもなければ低くもないことが伺えます。
また、初任給は他の業界と比較しても一般的な額であると思われます。

海運業界|大手5社の基本データ

海運業界においてTOP5に位置するのは、以下の5社です。

  1. 日本郵船
  2. 商船三井
  3. 川崎汽船
  4. NSユナイテッド海運
  5. 飯野海運

ここからは、各社の会社概要や直近数年の売上高・営業利益の推移をお伝えします。就活中・転職中の業界研究として活用してください。

①日本郵船

日本郵船の最新の企業報告書を参考にして作成した基本データが以下となります。

社名日本郵船株式会社
Nippon Yusen Kabushiki Kaisha (Nippon Yusen Kaisha、またはNYK Line)
所在地東京都千代田区丸の内二丁目3番2号 郵船ビル
設立明治18年(1885年)9月29日(創業 同年10月1日)
社員数35,711名
事業内容一般貨物輸送事業(定期船事業、航空運送事業、物流事業)、不定期専用船事業、その他事業(不動産業、その他の事業)

日本郵船の過去5年の売上高の推移ならびに営業利益の推移が以下となります。

②商船三井

商船三井の最新の企業報告書を参考にして作成した基本データが以下となります。

社名株式会社 商船三井
Mitsui O.S.K. Lines, Ltd.
所在地東京都港区虎ノ門2丁目1番1号
設立1942年12月28日
社員数1026人(陸上711人 海上315人)
事業内容ドライバルク船サービス、エネルギー輸送サービス、製品輸送サービス、関連事業サービス、

商船三井の過去5年の売上高の推移ならびに営業利益の推移が以下となります。

③川崎汽船

川崎汽船の最新の企業報告書を参考にして作成した基本データが以下となります。

社名川崎汽船株式会社
所在地東京都千代田区内幸町2丁目1番1号(飯野ビルディング)
設立1919年(大正8年)4月5日
社員数単体:756名 (陸員552名、海員204名)  連結:6,022名
事業内容海上運送業、陸上運送業、航空運送業、海陸空通し運送業、港湾運送業等

川崎汽船の過去5年の売上高の推移ならびに営業利益の推移が以下となります。

④NSユナイテッド海運

NSユナイテッド海運の最新の企業報告書を参考にして作成した基本データが以下となります。

社名NSユナイテッド海運株式会社
NS UNITED KAIUN KAISHA, LTD.
所在地東京都千代田区大手町一丁目5番1号
大手町ファーストスクエア ウエストタワー21,22階
設立1950年4月1日
社員数陸員185名 海員42名 計227名

NSユナイテッド海運の事業内容は多岐にわたります。以下に一覧としてまとめてます。

  1. 海上・陸上運送事業
  2. 海上・陸上・航空貨物運送業の取扱業およびこれらの代理業
  3. 船舶の売買、賃貸借、修理および管理
  4. 輸送用荷役機器・資材の製造、売買、賃貸 借および管理
  5. 不動産の売買、賃貸借、管理および仲介
  6. 情報処理サービス業および情報提供サービス業
  7. 労働者派遣事業
  8. 損害保険代理業および生命保険募集に関する業務

NSユナイテッド海運の過去5年の売上高の推移ならびに営業利益の推移が以下となります。

⑤飯野海運

飯野海運の最新の企業報告書を参考にして作成した基本データが以下となります。

社名飯野海運株式会社
IINO KAIUN KAISHA, LTD.
所在地東京都千代田区内幸町二丁目1番1号(飯野ビルディング)
設立1899年(明治32年)7月
社員数単体 160名(陸上104名、海上56名)
連結 646名
事業内容海運業(外航海運業、内航・近海海運業)
不動産賃貸業
不動産関連事業

飯野海運の過去5年の売上高の推移ならびに営業利益の推移が以下となります。

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました