【2019年保存版】製薬会社売上高ランキングの推移のまとめと解説

スポンサーリンク
スポンサーリンク

毎年製薬会社の売上高ランキングが公表されています。
しかし、各年度を比較しても順位についての大きな変動はなく、各企業の成長などの様子が分かりにくいと思います。

本記事では、2019年最新の製薬会社の売上高ランキングを紹介し、さらに2014年度から2018年度の各企業の売上高の推移をまとめて、数年にわたる成長度合いを可視化しました。

製薬業界を見ている方の企業選びの目安になれば幸いです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

2019年最新の製薬会社の売上高ランキング

まず、製薬会社のランキングをまとめました。

【2019年最新】主要製薬会社の売上高ランキング

  売上高(百万円)成長率(%)
1武田薬品工業2,097,22418.5
2アステラス製薬1,306,3480.5
3大塚HD1,291,9814.2
4第一三共929,717-3.2
5エーザイ642,8347.1
6中外製薬579,7878.5
7大日本住友製薬459,267-1.6
8田辺三菱製薬424,767-2.1
9塩野義製薬363,7215.5
10協和発酵キリン346,531-1.9
11小野薬品工業288,63410.2
12大正製薬HD261,551-6.6
13参天製薬234,0264.0
14明治HD(医薬品)198,60017.9
15沢井製薬184,3419.7
16日医工166,5921.1
17帝人(ヘルスケア)157,5001.4
18久光製薬143,408-3.4
19旭化成(医薬・医療)135500-0.1
20ツムラ120,9062.6
21日本新薬114,71613.1
22日本たばこ産業(医療)1139928.9
23キョーリンHD113,6202.7
24持田製薬109,6432.7
25東和薬品105,10412.5
26科研製薬94,165-4.3
27キッセイ薬品工業72,297-2.3
28鳥居薬品62,551-2.5
29ゼリア薬品工業61,831-4.2
30スズケン(医薬品製造)47030-10.0
31あすか製薬46,706-4.6
32日本化薬(医薬)46231-2.7
33扶桑薬品工業46,0740.4
34富士製薬工業37,9097.1
35日本ケミファ34,182-3.3
36生化学工業28,384-5.9
37JCRファーマ23,16012.5
38ヤクルト(医薬品)21696-15.5
39わかもと製薬10,739-1.5

上記では、2018年度の各社の売上高を示しています。

企業規模がどのくらい違うのかが分かりにくいので、以下では売上高を図で表してみました。

 

スポンサーリンク

それでは、次に各社の売上高の推移を紹介していきます

2016年~2019年の製薬会社の売上高の推移

IQVIAの調査によれば、14~18年の5年間の日本市場成長率年平均1.0%で、先進10カ国の中で最低となっていると言われていました。
一方、アメリカの5年間の年平均成長率は7.2%となっています。
引用:https://answers.ten-navi.com/pharmanews/15545/

あくまで、日本市場における成長の話であって、大手製薬会社は海外展開に力を入れていることから、売上高を伸ばしている会社もあります。

ここから、第1位~10位、11位~20位、21位~30位、31位~39位に分けて売上高の推移を紹介していきます。

売上高ランキング 第1位~10位

 

2014年度~2018年度で並べてみると、特に大手4社苦戦している印象を受けた。

武田薬品は2017年度に売上高を伸ばしたが、2018年度長期収載品を武田デパに売却したため、売上高が減少した。

第一三共は、ARBのオルメサルタンの特許切れがの影響で、売上高は減少傾向を示していると考えられる。

塩野義製薬の増収は、海外などにおける抗HIV薬のロイヤリティ収入の増加が要因と考えられます。

売上高ランキング 第11位~20位

小野薬品は免疫チェックポイント阻害剤「オプジーボ」のロイヤリティ収入が増加しており、売上高を伸ばしています。

久光製薬の売上高の減少傾向には、国内の医療用医薬品の薬価改定が影響していると考えられます。

ジェネリック医薬品メーカーである日医工・沢井製薬の売上高はここ3年間を見ても大きく増加している。

スポンサーリンク

売上高ランキング 第21位~30位

日本新薬は、肺動脈性治療薬のウプトラビが売り上げに貢献しています。また、ウプトラビに関してはロイヤリティ収入もあり、大きな増収となっています。

一方で、科研製薬などは特許切れや長期収載品の改定などの影響を受け、減収傾向を示しています。
中規模の製薬会社の多くでは、売上高は維持または減収傾向にあり、日本新薬を始め海外に新薬を展開している企業において売上高を伸ばしている傾向にあります。

ジェネリック製薬である東和薬品は、日医工や沢井製薬と同様に売上高を伸ばしています。

売上高ランキング 第31位~39位

小規模の製薬会社の多くでは、売上高の増加している会社は多くないです。

JCRファーマは、時価総額も高く期待されている会社の一つであるという印象をもっています。
新薬が出たことから売上高を伸ばしています。

 

まとめ

2019年売上高ランキングを振り返ってみて感じたことは、海外売上比率を重視している会社ほど、売上高を伸ばしているということです。

日本市場の成長率が低いことから、売上を伸ばしている会社は海外の売上やロイヤリティ収入でその部分を補い、売上を増収させていると考えられます。

 

エントリーシート作成&面接対策に役立つ就活サイト

ここで、就活を乗り越えた私がおすすめの就活サービスを紹介します。
皆さん当たり前のように登録しているので、「既に知っているよ!」という方がいたらすみません...

サイト名おすすめ度特徴
ONE CAREER★★★★★
  • 人気企業の通過エントリーシートが読み放題
  • 掲載企業数 44,469社
unistyle★★★★★
  • 選考突破のテクニック、ノウハウの記事、あります
  • ES掲載数 25,316枚

2つの就活サイトともに当たり前のように使われているので、登録してみてください!
いづれの就活サイトとも、登録&利用は無料です!

私は特に、ONE CAREERunistyleを使っていました。
ONE CAREERで内定者のエントリーシートをたくさん見て、unistyleで就活記事を参考に自己分析や本選考の対策をするなど、2つのサイトを使い分けてES・面接に備えました。

 

✔公式ホームページはこちら

 

薬剤師向けおすすめ転職サイト

薬剤師さんが転職を考えるうえで、第一選択に上がるサイトとして以下の3つがあります。

サイト名求人情報数特徴
薬キャリ
3万件以上
  • 地域専任のキャリアコンサルタントが大手から地域密着型薬局までを網羅
  • 病院や調剤薬局の求人に強く、業界・勤務形態を問わない幅広い求人数
マイナビ薬剤師
5万
以上
  • 5年連続「利用者満足度No,1」
    ※楽天リサーチ
  • 全国の薬局を地域情報込みでシステム化
    ⇒モレのない求人紹介
  • コンサルタントが薬局・病院に訪問し職場の様子を深くヒアリング
ファルマスタッフ
4万件以上
  • 薬剤師さんの転職成功率は90%超え
  • キャリアコンサルタントが就業先に必ず訪問し職場の状況を具体的にヒアリング
    求人情報が濃い(雰囲気・経営状況・残業などの忙しさ・デメリットな情報)

薬キャリの3つの強み

  1. 地域専任のキャリアコンサルタント
  2. ママ薬剤師向け求人検索が充実
  3. 「m3.com」でおなじみのm3グループが経営

1. 地域専任のキャリアコンサルタント

地域専任だからこそ、希望に沿った求人をコンサルタントが提案してくれたという口コミが多いです。

全国各地の大手から地域密着型薬局までを網羅しており、幅広く対応してくれるのが強み。

2. ママ薬剤師向け求人検索が充実

「ママ薬剤師向け」とういう条件で検索できる唯一のサイト。

子育てや育児、保育園探しなど多忙な時期で、転職する余裕がなく職場復帰も難しいものです。

薬キャリでは、「ママ薬剤師におすすめ」「土日休み」などママ薬剤師にとって重視したい求人検索が可能

3.「m3.com」でおなじみのm3グループが経営

m3グループのため、特に薬局や病院の求人が豊富

m3グループは、医療従事者におなじみの「m3.com」を運営しています。そのため、医療機関や人事担当者からも信頼されており、薬キャリは病院や調剤薬局にも強いコネクションがあります。

だからこそ、希望する地域で調剤薬局や病院の職種(常勤・非常勤・派遣など)を探している場合には、まずは薬キャリ に登録しておくことで、コンサルタントから速やかに候補を紹介してもらえるでしょう。

薬キャリに無料登録してみる

マイナビ薬剤師の強み

  1. 企業・ドラッグストアの求人情報が豊富
  2. コンサルタントが対面での面談に力を入れている

1. 企業・ドラッグストアの求人情報が豊富

マイナビ薬剤師 は大手人材会社であるマイナビグループが運営する薬剤師専門の転職支援サービス。

大手人材会社のパイプを活かして全国の求人情報を網羅しています。特に、企業やドラッグストアなどの求人を獲得しているのが特徴。

薬剤師転職の王道サイトという地位を築いています。

2. コンサルタントが対面での面談に力を入れている

転職は、その過程で迷うことばかりです。

マイナビ薬剤師 は日本全国に14の拠点があり、優秀なコンサルタントが薬剤師一人一人と面談をしてくれます。地方在住の方でも面談が可能なので、登録しておきましょう。

その結果、マイナビ薬剤師は、5年連続で「利用者満足度No.1」の実績
※楽天リサーチ 「薬剤師の転職支援サービス主要15ブランドにおける利用調査」(2017年10月実施)

また、コンサルタント自身が実際の職場を訪問して、生の声をヒアリングしているため、ミスマッチが起こりにくいので安心です。

マイナビ薬剤師に無料登録してみる

ファルマスタッフの強み

  1. 病院・調剤薬局の好待遇・高時給の派遣・パート求人情報が豊富
  2. 教育体制・研修制度が充実

1. 病院・調剤薬局の好待遇・高時給の派遣・パート求人情報が豊富

ファルマスタッフ 」は、大手調剤チェーンの日本調剤グループが運営する薬剤師転職サービス。そのため、派遣薬剤師の求人数はNo1です。

さらに、厚生省認定の「職業紹介優良事業者認定企業」に認定されています。

企業から信頼され求人情報が集まるため、時給4000円以上・年収600万以上の求人も豊富にあります。
※中にはファルマスタッフでしか紹介してもらえない限定求人も。

2. 教育体制・研修制度が充実

キャリアアップを目指すなら、ファルマスタッフに登録するべきだと思います。

ファルマスタッフは教育サービスも充実しており、たとえば、eラーニング教材を提供しています。eラーニングの学習だけで新規の研修認定薬剤師の申請に必要な単位(40単位)を取得できます。

ファルマスタッフに無料で登録してみる

▼薬剤師さんの転職におすすめしたいサイトをまとめました▼

  1. 薬キャリ 公式サイト:https://agent.m3career.com/
  2. マイナビ薬剤師 公式サイト:https://pharma.mynavi.jp/
  3. ファルマスタッフ 公式サイト:https://www.38-8931.com/
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました